2009年8月アーカイブ

押入れを整理して

user-pic
0

押入れを整理していたら、買った覚えの無い皮かばんが出てきました。

妻は取手を強く引っ張ったらかし目が外れてしまいました。

さあ直すか捨てるか迷ったのですが、思い切って直すことにしました。

かばん修理の店は最近ありません。 どこかで修理の看板を見たような気がして考えて

いると旧市外にあるのを見た気がしたので行ってみました。

そうすると今にも閉店しそうな看板も傾いた店がありました。

値段を聞くと2000円、ちょっと高いと思ったけれど直してもらうことにしました。

ある日の午後

user-pic
0

妻の友人の中国人が遊びにきました。彼女はこの一月に日本人と結婚して近くに住んでいます

自転車でスイカを一つ下げてやってきました。

顔は観音様みたいで優しい人です。妻と気が合うみたいで何時間もしゃべっています。

わたしもそのスイカをいっしょに食べました。

彼女の身の上話を聞くとかわいそうです、前の中国人の主人は事故で亡くなりました

生活の新しい場を日本に求めた彼女は決断して日本人と再婚したのです。

今度日本人の主人はサラリーマンで真面目な生活をしています。

二人で祭りを見に行ったり、彼女は日本の浴衣を着て<盆踊り>を習いました。

そして民謡流しでは日本人の大集団に混じって踊ってました。

心の中には悲しみの思い出があるでしょが、明るく前を向いて進んでいます

 

ようやく梅雨明け

user-pic
0

八月に入ってようやく梅雨が明けました。

今年は市の民謡流しを見物しようと、妻は浴衣を買いました。

ジーパンでもいいのですがここ何年も家でごろ寝をしていたので、気持ちを入れ替えて

2万人の民謡流しを見て、翌日は花火見物に行こうと考えたのです。

それにはだれも他人は見ないだろうけれど、自分へけじめに浴衣にする事にしたらしい

のです。

そうすると下駄、和装バッグ、帯なども必要になってきます。

ところがスーパーに行ったら、全部セットで一万円くらいで売っているのです。

暗い夜、一回だけの行事です。これにするといっぺんに決まってしまいました。

 

このアーカイブについて

このページには、2009年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年7月です。

次のアーカイブは2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。